風俗店を探し求めたある真夜中

getrweteet

雪が降り積もって寒くてなかなか寝付けない日が続いていました。
そもそも、借りたアパートが木造で床も木で出来ているので、寒すぎてたまりません。

そこで、近くの仙台駅までタクシーを呼んで、カラオケ店に入りました。
こちらの方が暖かくて寝心地も良さそうでした。貴重品に気をつけて電気を消して寝ていると、
今度はベッドでないために再び寝付きが悪くなってしまい、ガタンとソファーから落ちてしまいました。

そこで、最後の手段と思って仙台の風俗を利用することにしました。
本当は風俗店を利用するお金も気力も無かったのですが、明日の仕事を休めないこともあって利用することにしました。

当然、デリヘルを頼むとホテル代を取られるので、店舗型のヘルスを探していました。
あるところにはあると思ってこっそりコンビニで地図を買って風俗店のありそうな場所に歩いて移動しました。

ただ、歩いているだけでもコートを着た変なおっさんにしか見られないのは悲しいですが、
それに加えて地図を見ながら風俗店を探し求めている姿はまさに滑稽だったでしょう。

警察に職務質問されないように、急ぎ足で歩きましたが、なかなか見つかりませんでした。
まさか警察に仙台の風俗街がどこか聴くわけにもいかず、歩き疲れた私は再びタクシーを呼んで自宅に戻りました。