仙台市内の風俗事情は庶民的?

仙台市内の風俗事情といえば、勿論、整備された駅前等には風俗街はないのですが、一寸タクシーで移動したところには青葉区・一番町、国分町、それに立町ってところにはソープやヘルスなどを主体とした風俗店がワリと集中しています。

距離的には、仙台駅から風俗街までは凡そ1キロ位あるので、一寸遠い感じは否めませんが、それでも人気のあるお店は何時も予約客で一杯になったりするほどの混雑をしているようです。

仙台の風俗やデリヘルに関しては、概ね、他県からやってきた観光や仕事の出張者でやってきた人達が多いようで、特に東北女性特有の色白な美人には人気が有るようで、沢山の男性諸氏と遊んでいくようです。
杜の都と言われる歴史ある東北仙台の地域で、非常に楽しい仙台風俗をぜひぜひご堪能したいものですし、東北の色白でキメの細かい美人とラブホの密室で、イチャイチャとエロエロするのは正直いいものです。

因みに、仙台の青葉区と歓楽街の国分町一帯だけでも、セクキャバ、キャバクラ、ピンサロそれに最近はやりのオッパイパブ、従来からのソープやヘルス(デリヘル)など、スナックやクラブの飲食店や付帯のホテル設備も併せると、何と3000軒くらいあるそうです。

尚、仙台の歓楽街や風俗街ではチラシなどの宣伝ビラは禁止となっているようです。
よく見かける歓楽街にあるピンクチラシなどは、回収ボックスがあり、東京の盛り場のようなベタベタと貼られた、所謂、汚いイメージが無く、街路樹が綺麗な景観を大切にする、市民の努力が実ったのかも知れません。
歓楽街は、風俗店とオフィス街や飲食店が混在していることもあって、マナーを守る事が必然とされているのですね。

仙台風俗の遊びやすさ

先日、仙台へ出張に行き時間があったので風俗で遊ぼうと思い、ネットで情報を調べて非常に驚いたことが多数あります。
まず一番驚いたのは、デリヘルなどの料金が東京と比べてかなり安いということです。
東京の場合は60分コースで15000円前後の場合が殆どなのですが、同じくらいの料金で仙台の場合は80分~100分コースを遊ぶことができます。
最初は特別割引を行っているお店が殆どなのだろうかと思ったのですが、よく見てみると2000円割引などの多少の割引を行っているお店はあっても、どうやら元々の値段が安いみたいです。
また、最初は仙台の風俗と言っても繁華街などに何件かあるくらいだろうと思っていたのですが、実際には仙台風俗専門のサイトがあったりと店舗数が非常に多くあります。
体験談レポートなども非常に多くのもがあったりと、サイト自体も非常に賑やかな印象を受けました。
業種も単純なデリヘルだけではなく、アジアン系や外交人のコンパニオンを揃えているお店や、テコキ系のお店、ポッチャリ系や人妻系などかなり幅広い業種のお店がたくさんあります。
ネットで簡単に多くのお店が探せるので、色々な女の子の写真をみながら簡単に自分の好みの女の子を探すことができる仙台の風俗はかなり最高です。

風俗店を探し求めたある真夜中

getrweteet

雪が降り積もって寒くてなかなか寝付けない日が続いていました。
そもそも、借りたアパートが木造で床も木で出来ているので、寒すぎてたまりません。

そこで、近くの仙台駅までタクシーを呼んで、カラオケ店に入りました。
こちらの方が暖かくて寝心地も良さそうでした。貴重品に気をつけて電気を消して寝ていると、
今度はベッドでないために再び寝付きが悪くなってしまい、ガタンとソファーから落ちてしまいました。

そこで、最後の手段と思って風俗を利用することにしました。
本当は風俗店を利用するお金も気力も無かったのですが、明日の仕事を休めないこともあって利用することにしました。

当然、デリヘルを頼むとホテル代を取られるので、店舗型のヘルスを探していました。
あるところにはあると思ってこっそりコンビニで地図を買って風俗店のありそうな場所に歩いて移動しました。

ただ、歩いているだけでもコートを着た変なおっさんにしか見られないのは悲しいですが、
それに加えて地図を見ながら風俗店を探し求めている姿はまさに滑稽だったでしょう。

警察に職務質問されないように、急ぎ足で歩きましたが、なかなか見つかりませんでした。
まさか警察に仙台の風俗街がどこか聴くわけにもいかず、歩き疲れた私は再びタクシーを呼んで自宅に戻りました。